文字サイズ

中山仁さんが死去、77歳 肺腺がんで 「サインはV」鬼コーチ役

中山仁さん=2011年
女優・寺田史と結婚会見した時の中山仁さん=1968年
ミュージカル「リリー・マルレーン」の製作発表(左から)順みつきさん、中山仁さん、芦田伸介さん、伊東ゆかり、池畑慎之介=1983年
3枚

 ドラマ「サインはV」での鬼コーチ役で知られた俳優の中山仁(本名・中山仁平)さんが10月12日に亡くなっていたことが11日、所属事務所から発表された。77歳。肺腺がんだった。故人の遺志により、葬儀、お別れ会を行うことはせず、逝去の公表も控えていたという。

 亡くなって1カ月たったこの日、遺族と相談の上で報告するに至ったことも説明している。

 中山さんは早稲田大学政経学部を中退し、1965年、文学座養成所入り。その後、劇団「NLT」を経て、68年、三島由紀夫氏らと浪曼劇場を設立し、70年の解散まで所属した。彫りの深い上品な顔立ちの二枚目で、「七人の刑事」などのドラマや映画、舞台に幅広く活躍した。「コンタック」CMでのコミカルな役柄でも注目された。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス