文字サイズ

「スター・ウォーズ」最後の予告編が世界同時解禁 皇帝「今こそ…お前たちは一つに」

 1977年に第1作が公開された大河SF映画シリーズ「スター・ウォーズ」の完結編となる「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」(12月20日・日米同時公開)の予告編が22日、世界同時に解禁された。シリーズの最後の予告編となる(注・以下、予告編のネタバレあり)。

 今回、解禁された予告編では、主人公レイの「誰もが私を理解していると 本当は違う」という言葉に、ハン・ソロとレイアの息子で祖父ダース・ベイダーに傾倒するカイロ・レンが「俺には分かる」と理解を示す。

 ルーク・スカイウォーカーがレイに語りかける「それはジェダイの運命 お前の運命だ」、皇帝パルパティーンの「ずっと待っていた…今こそ…お前たちは一つに 終わりが始まる」、C-3POの「最後にもう一度だけ 友人たちに」という意味深なセリフも続々。予告編の最後は、ルークとレイア兄妹がレイに「May the Force be with you,Always」と語りかけるセリフで締めくくられる。

 予告編には2人のファイトシーン、共闘シーンや、ミレニアム・ファルコン、スター・デストロイヤーが集結するカット、ランド・カルリシアンのカットも登場し、意味深な数々のセリフと併せて、いや応なく本編への期待を高まらせる作りとなっている。

 また、ポスターも併せて解禁された。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス