文字サイズ

たむらけんじ 批判されるべきは詐欺集団…「犯罪犯してない」と芸人批判に懐疑的

 タレントのたむらけんじが24日、MBSテレビの情報番組「ミント!」に生出演し、吉本興業が同日、お笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之(49)ら所属芸人11人を「当面の間」謹慎処分にしたと発表したことに言及し、「うそついたらあかんねん。悔しい…」と涙を流した。たむらはまた、本来批判されるべきは詐欺グループであるとし、「そっちへの批判よりもミスした…犯罪も犯してない人たちへの批判のほうが多い。世の中どうなってるのか」と首をひねった。

 たむらは「批判されることを覚悟で言うけれども」と前置きし、「一番悪いのは詐欺集団。SNSも含めて、そっちへの批判よりもミスした…犯罪も犯してない人たちへの批判のほうが多いというのは、世の中いま、どないなってんねんと思う」と忘年会を主催した詐欺グループへの批判よりも、会に出席した者への批判が多いのではと現状をとらえ、顔をしかめた。

 さらにたむらは「宮迫さんは基本、シャイな人やからこういうのには本来行かない人。何で行ったのか。入江のことを信頼しているから…」と残念がった。

 辻憲太郎解説委員は「世の中の流れが反社会集団と絶縁するという方向に。芸能人の皆さんは注目を集める存在なので、そことご縁があったとなると厳しい目がいってしまう。社会が絶縁に向かっています」と批判される理由を述べると、たむらは「それも分かってるねんけど」と応じた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス