文字サイズ

早見あかり 夫婦円満の秘けつを披露…昨年12月に結婚

舞台あいさつを行った(左から)横澤夏子、平岡祐太、早見あかり、松井玲奈、佐伯大地、有田駿介監督=東京・ユナイテッドシネマ アクアシティお台場
1枚拡大

 女優の早見あかり(24)が16日、都内で行われた主演映画「女の機嫌の直し方」の公開記念舞台あいさつに登場し、夫婦円満の秘けつを披露した。早見は劇中では大学でAIの研究をしている“リケジョ”を演じたが、MCから「きょうは父の日。お父さん世代に向けて、夫婦円満の秘けつを」と求められると「共感して、察して、ごひいきに、ですね」と答えた。

 早見は昨年12月、30代前半の会社員男性と結婚したばかり。「私は結婚して半年ですけど、付き合いが長くなると、おこがましさが出たり、空気みたいになってくるかもしれない。そういうことがあるから、共感して、察して、ごひいきしてほしい」と“女性の目”で訴えた。

 現場での早見は“座長”の貫禄でキャストをリードし、佐伯大地(28)は「早見さんは、初日から目を見て話してくれた。もともと知り合いのような感じになって。コミュニケーション能力の鬼です」と大絶賛。キャストからは声をそろえて「ずっと中心でしゃべりっ放し」と暴露されたが、早見は「しゃべりたくて、しゃべっているだけ。みんなをつなごうとか、そういうんじゃないんです」と謙遜した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス