文字サイズ

朝ドラ週5日プラン 物語見応えに影響?総局長「絶対にあり得ない」

 NHKの総局長会見が22日、東京・渋谷の同局で行われた。この日、同局が現在月-土曜の週6日放送の連続テレビ小説を週5日に短縮する方向で検討していることが判明。この件について木田幸紀総局長は、今後の朝ドラを高画質4Kで制作するため、必要な時間と労力が増大するため、検討していることを説明。働き方改革の一環で、2020年前期作「エール」(主演・窪田正孝)からの実施で調整しているとされる。

 木田総局長は「すでに発表しているように『エール』は4K制作で、2Kに比べて収録や編集に時間が必要と分かってきました」と、美術、照明なども含めて技術的な問題が生じていることを説明。そのうえで「様々な選択肢を検討している。現状は、何も決まっていません」とした。

 1回15分の放送枠は変更する予定はなく、土曜日に放送がなくなるデメリットの解消については、今後並行して検討するという。週5日となった場合も物語の濃度への影響については「ストーリー展開を早くすることもできますし、経験的に大きな影響はないと思う。決して薄くなったとか、見応えなくなったとかは絶対にあり得ないです」と述べた。

 最終決定の時期については「収録が始まる(9月)までに決めておかないといけない」と述べた。「エール」の脚本家は、NHKが短縮検討していることは把握しているという。

 働き方改革も4K制作も両立させる方向とした。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス