文字サイズ

長渕剛、20年ぶり主演映画会見で“ネタバレ”連発

夫婦役を演じる長渕剛(左)と飯島直子=東京都江東区のスナイテッド・シネマ豊洲(撮影・出月俊成)
1枚拡大

 歌手の長渕剛(62)が25日、都内で行われた、20年ぶりとなる主演映画「太陽の家」(2020年公開予定)のキャスト発表記者会見に出席した。

 長渕は冒頭で「20年ぶり、20年ぶりって言われるの、すごくイヤで…。遊んでたみたいでしょ」とジョーク。「久しぶりにこの現場に携わらせていただいて、最高ですね、ファミリーですね。笑顔が絶えなくて、こんな共演者きれいな方に囲まれて」と、共演の女優・飯島直子(51)、広末涼子(38)に挟まれて笑みを浮かべた。

 現在も撮影は続いており、「本当に楽しい現場」という長渕は、この日の会見でもノリノリ、妻役の飯島に平手打ちをされるシーンの説明や、出演者との劇中の人間関係など“ネタバレ”になる内容のトークを展開してしまい、権野元監督(46)に「剛さん、そろそろ…」と止められる場面が続いた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス