文字サイズ

志らく、白鵬には「アンチが多い」 五輪土俵入りには「誰もが文句つけない横綱に」

 落語家の立川志らくが18日、TBS系「ひるおび!」で、横綱白鵬(宮城野)が日本国籍取得に向けて手続きを開始し、一部で東京五輪開会式での土俵入りを目指すなどと報じられたことに「アンチが多い」と指摘、「五輪で土俵入りするんだったら誰もが素晴らしい横綱と文句がつかない」ようにする必要があると訴えた。

 番組では、白鵬が日本国籍取得を目指し動き出したことや、来年の東京五輪での土俵入りを目指していると報じた新聞を紹介した。

 これに意見を求められた志らくは「日本人を愛して親方になりたいという気持ちは誰にも否定できない」と日本国籍取得を目指す気持ちは尊重するとコメント。

 ただ、五輪での土俵入りに関しては「アンチが多い」と指摘。昭和の大横綱・北の湖もアンチは多かったが「それは強すぎてのアンチ」と言い、白鵬の場合は「マナーの問題。かち上げがあったり、先場所の貴景勝との取り組みも相当乱暴な相撲をとって、三本締めとかいろんなところでクレーム付けたり、そういうアンチがいる訳で」と、北の湖のアンチとは意味が違うとした。

 「横綱は大勢の人に尊敬されないといけないから、来年、東京五輪で土俵入りするんだったら、誰もが素晴らしい横綱だと文句つかない…」と、現時点ではアンチが納得しないともコメント。「でもまだ時間はありますから。取り組みに関してもそうなって頂ければいい」と期待していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス