文字サイズ

宝塚音楽学校入学式 40人が第一歩踏み出す 理事長「令和最初の入学生」と祝辞

入学式で笑顔を見せ記念写真に納まる宝塚音楽学校の新入生たち=宝塚音楽学校(撮影・山口登)
2枚

 タカラジェンヌを育成する宝塚音楽学校(小林公一校長)107期生の入学式が18日、兵庫県宝塚市の同校で行われ、22・9倍の難関を突破した40人が夢への第一歩を踏み出した。

 入学式では真新しい制服姿の新入生が1人ずつ名前を呼ばれると、「はいっ」と起立して一礼。男役志望はリーゼント、娘役志望は髪の先までキッチリと編んだ三つ編み姿で、初々しい姿を見せていた。

 小林校長は「みなさんの後ろには22人の涙がある。失敗の中から学び、成長して欲しい。制服を着ているときも着ていないときも自覚を持って行動を」と式辞。角和夫理事長も「みなさんは令和最初の入学生。『貴族には義務がある』とセリフにありますが、みなさんにも素晴らしい舞台を作る義務がある」と宝塚の大ヒットミュージカル『ME AND MY GIRL』のセリフを引用し、祝辞を述べた。

 本科生代表の堀部真未さんが「みなさんも本日から宝塚音楽学校の一員です。一緒に芸の道を歩んでいきましょう」と歓迎の辞。新入生総代の関谷美咲さんが「懸命に努力し、限りない芸の道を歩むことを、ここにお誓いいたします」と答辞を述べた。式後に本科生と新入生が対面し、校章を付けるセレモニーも行われた。

 終了後、成績上位4人が代表インタビューに出席。「同期40人と切磋琢磨していきたい」(関谷さん)、「感動して、涙が出ました」(渡邊凛々子さん)、「誇りを持って2年間を過ごしたい」(辻本朱里さん)、「令和の時代も輝く舞台を作りたい」(西村日向子さん)とそれぞれ熱く豊富を語っていた。

 40人は2年間、歌やダンス、芝居など舞台の基礎をみっちりとレッスン。2021年春の初舞台を目指す。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス