文字サイズ

深夜ラジオ明けに午後もラジオ DJ松永「いちから勉強するつもりで」挑む

 新番組「ACTION」に出演する(左から)宮藤官九郎、尾崎世界観、DJ松永、羽田圭介氏、武田砂鉄氏、幸坂理加アナ=TBSラジオ
1枚拡大

 深夜3時から早朝まで仕事をして、そのまま別の現場で昼から仕事。こんな日程で、ラジオ番組をはしご出演するパーソナリティが生まれる。ヒップホップユニット、CreepyNuts(クリーピーナッツ)のDJ松永(28)はニッポン放送「オールナイトニッポン0(ZERO)」の火曜(深夜27・00)を担当した後に、4月からTBSラジオ「ACTION」(4月1日スタート、月~金曜、後3・30)の水曜パーソナリティを務める。

 CreepyNutsは、実力派ラッパーR-指定との2人組で、DJ松永はトラックメーカーやDJプレイの担当。「オールナイトニッポン0」では、コンビで出演し、深夜ならではのテンションの高いトークが好評で、無事、改編期も乗り越えて番組は2年目に突入する。

 春からは個人で、立て続けにライバル局の昼の新番組に出演する。「行程的には、(深夜の)ラジオを終わって、近くにホテルをとっていただき、そのまま(TBSに)入るという行程が組まれるという話にはなってるんですけど」というスケジュールが予定されているが、深夜ラジオからの感覚の切り替えも大事になる。

 「深夜ラジオって、深夜ラジオっていう性質を理解した上で聴く人が多いじゃないですか。そもそも聴きにいく時間だから。その番組を聴くっていうことに熱力がある人たち、そこでふるいにかけられるじゃないですか。夕方だと流し聴きでたどりつく人も多いと思うので、もうちょっといろんな人を相手にしないといけなかったりとか」

 さらに、「深夜で培ってきたものをやろうとすると、いいものにならなさそうな気がするので、いちから勉強するつもりで頑張ろうと思っています」と続けた。

 「ACTION」は24年続いた「荒川強啓デイ・キャッチ!」の後継番組で、TBSラジオの春改編では目玉となる。「俺が『デイ・キャッチ!』のリスナーだったら(自分のような人間が起用され)おののくと思うので。そこの気持ちを理解しつつ、みんなに歩み寄りつつ、愛していただく感じでやっていきたいと思います」と新鮮な気持ちで臨むとした。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス