文字サイズ

書家・中塚翠涛がパリで個展開催 絵画、オブジェも展示、テーマは「ミュージック」

展示作品を紹介する中塚翠涛=仏・パリ
展示作品を紹介する中塚翠涛=仏・パリ
2枚2枚

 書家・中塚翠涛(39)が14日(日本時間15日)、仏・パリの「ギャラリエ ザビエ エックウット」で、個展のレセプションパーティーを行った。

 15年前に初めてパリを訪れて以降、度々足を運んでおり、街の音や言葉の響きに感銘を受けていることから、作品のテーマは「ミュージック」。書道のみならず、絵画やオブジェも展示して、「フランスの文化や雰囲気がすごく好きで、空港に到着してから感じるにおいや音、パリの街に、毎回来るたびにワクワクや喜びを感じます。自分自身の変化や積み重ねなどが表現できたら。現地の方の反応が楽しみです」と“芸術の都”に期待していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス