文字サイズ

肺腺がん闘病の渡鬼女優、抗がん剤治療中止を決断

東てる美
1枚拡大

 肺腺がんで闘病中の女優・東てる美(62)が1日に放送されたTBS系「爆報!THEフライデー」に出演し、抗がん剤治療を中止したことを明かした。1回3週間の治療を4回行う予定だったが、2度目の治療後に強い副作用に襲われたという。大音量の耳鳴り、手のしびれ、抜け毛、味覚障害などに悩まされ、「抗がん剤治療をやめたい」と決意。

 一人娘・江梨さん(33)から「長生きして欲しい」と反対されたが、「4回全部やったからって、絶対再発しないかって言ったら分からない」と意思を貫いた。子宮がんを患い、77歳で亡くなった母・俊恵さんへの思いもあった。抗がん剤治療に苦しみ、中止を訴えた母の治療を推し進めたのが東だった。死の直前まで苦しませてしまった母に対する後悔は大きい。

 担当医に決断を伝えた東は「長く生きればいいというものでもない気がする。苦しい思いをしながら。後はおいしいものを食べて、やりたいことをやって、そういう道もあるんじゃないかな」と思いを告白した。

 東は、昨年5月にテレビ番組の企画で受けた検査がきっかけで、6月にステージ1の肺腺がんが発覚。7月に5時間にわたる手術を受け、肺の3分の1を摘出した。その際にリンパにもがん細胞が発見された。昨年9月の復帰ライブでは「(再発)予防のため、抗がん剤をやった方がいいと言われたので、10月終わりから2カ月半ぐらい、抗がん剤と闘う予定です」と1月末まで治療するとしていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス