文字サイズ

市原悦子さんは「あったかい肉まんみたいな人」中尾彬、偲ぶ

市原悦子さんとの思い出を語る中尾彬、池波志乃夫妻=青山葬儀所(撮影・堀内翔)
2枚

 12日に心不全のため亡くなった女優・市原悦子さん(享年82)の告別式が18日、東京・青山葬儀所でしめやかに営まれた。俳優・中尾彬(76)、女優・池波志乃(63)夫妻ら約500人が参列した。

 中尾は、生前の市原さんを偲び「悦ちゃんとはね、年上の恋人をやってくれたり、お母さんだったり。何かあると一番楽しい人でしたね。気に入らない女優の方が多いんだけど、何も言わなくても分かってくれてね。私にとってみれば、あったかい肉まんみたいな人」と、しみじみ話した。

 妻の池波も、市原さんと2時間ドラマなどで多数共演し「ちょっと色っぽくて、ちょっと何かこう、みだらな感じをわざと出すような、あのしゃべり方は普段もあんまり変わらなくて、いつから台詞に入ったのか分からない時が多くて。不思議なリアリティのある方でした」と懐かしんだ。

 式の冒頭では、市原さんの代表作でもあるテレビ朝日系ドラマ「家政婦は見た!」など在りし日の映像が、約10分間、画面で流された。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス