文字サイズ

蛭子能収 「ローカル鉄道」撮影中に転倒、右手小指骨折…漫画は休載

 漫画家でタレントの蛭子能収(71)が16日、テレビのロケ中、つまずいて転び、右手小指を骨折していたことが20日、分かった。所属事務所によると、全治2カ月の見込みと診断されたが、ギプスがとれ、痛みがなくなり次第、漫画家としての仕事を再開するという。

 蛭子は16日午前、テレビ東京「土曜スペシャル 太川・蛭子のローカル鉄道寄り道の旅2」(12月8日放送予定)の撮影で歩いていたところ、つまずいて転倒。とっさに体を支えようとした際に右手小指を骨折した。

 転倒した際、スタッフが心配して駆け付けたが、蛭子は「大丈夫」と話したため、そのまま撮影を続行。同日夜、帰京後に夜間診療のある病院に行き、17日、あらためて整形外科の診察を受けたところ、右手小指の基節骨骨折と診断された。

 現在、患部を固定するためギプスをしており、漫画の連載などは休載するものの、テレビ出演などの仕事は支障がない限り続ける。事務所関係者によると、蛭子は「ご迷惑、ご心配をおかけしてすみません」と話しているという。

 「-ローカル鉄道寄り道の旅」は大好評だった路線バスシリーズに続く第2弾。9月8日に第1回が放送された。

 なお、デイリースポーツで長期連載中の「まくり屋ヨッちゃん」の21~25日分は休載となる。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス