文字サイズ

BTS 紅白選ばれず…当初は確実視も原爆投下Tシャツ騒動影響、TWICEは出場

第69回紅白歌合戦
1枚拡大

 大みそかに放送される「第69回NHK紅白歌合戦」(総合、後7・15)の出場歌手が14日、東京・渋谷の同局で発表され、原爆投下Tシャツが騒動となっている韓国の人気男性グループ「防弾少年団(BTS)」は選ばれなかった。

 世界的にも大人気のBTSは今年の紅白に初出場が確実視されていたが、原爆投下の写真をプリントしたTシャツを、メンバーのジミンが着用していたことがネット上などで話題になり、騒動に。9日に生放送されたテレビ朝日系「ミュージックステーション」への出演が急きょ取りやめになった。さらに米ユダヤ系団体「サイモン・ウィゼンタール・センター」が公式サイトで、メンバーが過去のコンサートでナチス親衛隊の記章をあしらった帽子をかぶっていたことなどを非難し、所属事務所が謝罪の書簡を送ることとなった。

 メンバーは現在、日本で4大ドームツアー中。13日の東京ドームでは、ジミンが「日本の皆さんだけでなく、全世界の皆さんが驚かれ、ご心配されていたと思います」と日本語で騒動に触れた。14日も同所でコンサートを行う。

 同じ韓国出身の女性グループ「TWICE」は初出場の昨年に続き、2年連続で出場が決まり、韓流勢の出場は1組だけとなった。

 初出場組の会見終了後、取材に応じたプロデューサーの渋谷義人氏は、原爆投下Tシャツ騒動の影響があったのか?など選考にかかわる質問に「選考過程の細かいことは申し上げられない」と明言せず、言葉を濁した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス