文字サイズ

現役学生歌手・一条貫太が母校立正大で学園祭出演「AO入試で合格しました」

母校の学園祭でチアガールとコラボして熱唱する一条貫太=東京・五反田の立正大学
母校の学園祭でチアガールとコラボして熱唱する一条貫太=東京・五反田の立正大学
母校の学園祭でチアガールとコラボして熱唱する一条貫太=東京・五反田の立正大学
母校の学園祭で応援指導部とコラボし熱唱した一条貫太=東京・五反田の立正大学
4枚4枚

 今年3月にデビューした現役大学生演歌歌手の一条貫太(21)が4日、東京都品川区の立正大学で学園祭「橘花祭」のステージに出演した。一条は現在、同大学経済学部4年生でこの日は母校での凱旋(がいせん)歌唱。ステージでは応援指導部とコラボし、リーダーの掛け声とチアガールのダンスで華を添えられながらデビュー曲「ふたりの始発駅」など5曲を熱唱。母校のお祭りを盛り上げた。

 母校でのステージとあって、最初のあいさつも「一条貫太です。経済学部4年。学籍番号は○○○でAO入試で合格しました」と学友相手ならではの自己紹介からスタート。いつもは化粧を施してステージに立つが「今日は“学生らしく”を心がけた」とノーメーク。歌唱曲も演歌ばかりでなく同世代に向け、秦基博の「ひまわりの約束」もギターの弾き語りで披露するなど、すっかり学生モード。

 同世代に囲まれてのステージとなったが「恥ずかしいとか緊張はなかった。(いつもの演歌ファンの方と)ノリや雰囲気は違ったけど、すごくやりやすかった」と満足顔。すでに卒業の単位は取得しており、来春からは歌手業1本。「来春には大学を卒業してしまうけど、これからも学園祭で歌っていき、若い人に演歌をアピールしていきたい」と語っていた。

 また、先日行われたプロ野球のドラフト会議では、立正大から伊藤裕季也選手が横浜DeNAから2位、小郷裕哉選手が東北楽天から7位指名された。世界は違えど卒業後は自分と同じプロの世界で勝負していく同級生同士。「入学した時から野球部にすごい選手がいる聞いてました。機会があればぜひお会いしてお話したい。お互い頑張っていきたい」とエールを送った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス