文字サイズ

江波杏子さん急死 5日前まで仕事も緊急入院翌日…さらば昇り竜のお銀

 映画「娼年」の舞台あいさつに登場した江波杏子さん=今年3月
 「昭和おんな博徒」で松方弘樹さん(左)と共演した江波杏子さん=1972年(c)東映
 「日本の黒幕」で佐分利信さん(左)と共演した江波杏子さん=1979年(c)東映
3枚3枚

 映画「女賭博師」シリーズなどで知られる女優の江波杏子(えなみ・きょうこ、本名野平香純=のひら・かすみ)さんが、10月27日午後9時6分、肺気腫(慢性閉塞性肺疾患)の急性増悪のため、都内の病院で亡くなったことが2日、分かった。76歳。江波さんの所属事務所が公式サイトで発表した。亡くなる5日前まで仕事をしており、最後まで現役女優だった。葬儀は故人の遺志により、2日に密葬として行われた。お別れの会は現時点では未定という。

 麗しきスターの死はあまりに突然だった。所属事務所は2日、公式サイトで江波さんの死去を報告。「あまりに突然の出来事に言葉もありません」とつづった。

 江波さんは元々、肺気腫を患っていたが、日常生活に支障はなく、亡くなる5日前まで仕事に励んでいた。しかし、26日に苦しさを訴えて緊急入院。翌27日に息を引き取ったという。

 1959年に大映に入社し、翌年映画デビュー。66年に「女の賭場」で初主演した。その後、「女賭博師」の「昇り竜のお銀」が評判となり、一躍スターに。シリーズは17作にも及ぶヒットとなった。その後はドラマや舞台にも活動の幅を広げ、多くの作品で凛とした存在感を発揮した。

 今年も、春には出演映画「娼年」が公開、夏には来年1月放送のNHK-BS時代劇「小吉の女房」(来年1月11日スタート、金曜、後8・00)の撮影、秋も番組収録など精力的に活動。女優業は順調そのものだった。最後の仕事となったのは、今月22日に行われたNHK-FMのラジオドラマ「罵詈雑言忠臣蔵」(12月8日、後10・00)の収録。事務所関係者は本紙に「元気に仕事をしていました。急なことに事務所も驚いています。人柄がとてもすてきな方で…」と突然の別れに言葉を詰まらせた。スタッフに「ますます仕事を意欲的に頑張ろう」と、来年の仕事のビジョンも語っていたという。

 旅立ちの後には宝物のような多くの作品が残された。さらに、10日にNHK-BSプレミアム「カラスになったおれは地上の世界をみおろした。」(後10・00)、16日にはフジテレビ系「山村美紗サスペンス 赤い霊柩車37 猫を抱いた死体」(後7・57)、12月には最後の仕事となったNHK-FMのラジオドラマ「罵詈-」、来年の「小吉-」などが放送を待つ。江波さんの凛とした姿は作品の中で生き続ける。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス