文字サイズ

岩本勉氏、札幌で被災し移動できず ミヤネ屋欠席「しっかり寝てたが飛び起きた」

 元プロ野球選手で野球解説者の岩本勉氏が6日、滞在していた札幌市内から動けず、この日出演予定だった日本テレビ・読売テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」を欠席した。

 番組の後半になり、ようやく宮根誠司が「本来なら大阪のスタジオにいるはずだった岩本さんが札幌にいます」と岩本氏に触れた。

 電話に出た岩本氏は、地震発生時は札幌市内のホテルにいたといい「しっかり寝てました。でも飛び起きました」と振り返り「縦揺れ、横揺れは分からなかったけど、小刻みに強い揺れが15秒から20秒刻みで続きました」と揺れの様子を語った。

 大阪出身の岩本氏だが、阪神淡路大震災時は日本ハムに所属していたことから「阪神大震災の時は大阪にいなくて、これだけの強い揺れを感じたのは初めてで、ビックリして何をしてよいのか分からなかった」と相当慌てたという。

 宿泊先も地震から30分後に電気は落ちてしまい、外の信号も消えてしまっていた。現在、岩本氏がいる宿泊施設は予備電源があることから電気は通っており断水もないことから「日常生活は問題なくできた」というが、一歩外にでると、コンビニやドラッグストア、ガソリンスタンドは長蛇の列だという。岩本も交通機関がまひしていることから、札幌市内から出ることができず、この日の生出演には間に合わなかった。

 携帯電話の電波状況も「2つキャリアを持っているが、どちらかが強くなったり、また別の方が強くなったり。やっと今落ち着いてきた」と報告。気温については「札幌エリアは25、6度なので、寒い、暑いで苦しむのは、今のところはない」とも伝えていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス