文字サイズ

東出昌大、2役の片方が不人気で複雑

「寝ても覚めても」初日舞台挨拶に登壇した(左から)唐田えりか、東出昌大、瀬戸康史=東京・新宿
3枚

 俳優の東出昌大(30)が1日、都内で行われた主演映画「寝ても覚めても」の初日舞台あいさつに登壇した。

 同じ顔をした2人の男の間で揺れ動く1人の女の8年間が描かれる。東出は、ミステリアスな自由人・麦(ばく)と実直なサラリーマン・亮平の2役を演じた。東出は「麦(に近いタイプ)なんです」と明かすと、共演の瀬戸康史(30)から「カリスマ性がある。麦も」とうなずかれ、渡辺大知(28)からも「どうなるか分からないのが麦感がある。いきなり関係ないこと言ったり」と同意された。

 2択を聞かれた観客や女性キャストは、圧倒的に亮平を支持。ヒロインの唐田えりか(20)も「麦にひかれるのは分かるけど、ずっと一緒にいてはいけない人。生涯ともにしたいのは亮平みたいに優しくて思いやりがある人」と明かした。反応を見た東出は「1人2役なので、亮平がほめられるのはいいけど、麦がダメとなるとそうなの?って」と複雑な様子だった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス