文字サイズ

キムタク&ニノ初2ショット登場に熱狂 「頼れる後輩」「写真撮りたい」

 元SMAPで俳優の木村拓哉(45)が6日、都内で行われた主演映画「検察側の罪人」(24日公開)の完成披露試写会Wランウェイ舞台あいさつに、今作で初共演する嵐の二宮和也(35)と共に登壇した。検事役で火花を散らす2人は、同映画イベントで初のツーショットをお披露目。木村と二宮による夢共演で、約4000人を熱狂させた。

 2人の戦いを描いた作品にちなみ、「対決」をテーマにランウェイを赤と白色の2つに分けた。蝶ネクタイ姿で登場した2人は左右から中央ランウェイに向かって対峙しながら対面すると、がっちりと握手を交わし、ハグをした。

 初共演の印象を語ると会場の熱気は上がった。木村は、「マイクがなくても胸を張って言えるんですけど、一緒に作業していてこんなに信頼できる共演者は珍しい。頼りがいのある後輩」と絶賛。先輩から肩を抱かれ、ピースサインをした二宮は「いい人生ですよね。平成という時代の元年から終わるギリギリまでトップで走り続けてきた木村拓哉と一緒に作品を作りたいと思っていた。滑り込めた。恵まれている。感謝。先輩とこうやって一緒に並んでステージに立てるのは貴重で皆さん写真を撮りたいでしょうけど、僕が一番撮りたい」と大喜びした。

 二宮をヒヤヒヤさせたのが、共演者の女優・吉高由里子(30)だった。二宮は「初手の初手で(木村を)拓ちゃんとか言う」と暴露すると、吉高は「言ってみたら怒るかなと思って。拓ちゃん!」と笑顔。あだ名で呼ばれた木村は「怒ってないけど、ニノは気を遣ってくれて、『そういう言い方はやめなさい』と常に」と笑っていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス