文字サイズ

桂歌丸さん死去、81歳【略歴】横浜の遊女屋に生まれ、15歳で弟子入り

 日本テレビの演芸番組「笑点」のレギュラーを長く務め、親しまれた落語家・桂歌丸さんが2日午前11時43分、慢性閉塞性肺疾患のため、横浜市内の病院で死去した。81歳。横浜市出身。

【略歴】(敬称略)

 ▼1936年8月14日、横浜市生まれ。実家は真金町の遊女屋。(自著より)

 ▼51年、中学3年の秋に五代目古今亭今輔に入門。

 ▼57年秋、4つ年上の冨士子夫人と結婚。横浜の生家の向かいの蒔絵師の末娘で、周囲の反対に「噺家としてのあの人にかけてみる」と説き伏せたという

 ▼58年 師匠の今輔との関係がこじれ、飛び出す。その後、生活費を稼ぐため、夫人と一緒にポーラ化粧品のセールスマンをしたり、メッキ屋で働いたことも

 ▼61年、桂米丸門下となる(桂米坊)

 ▼64年1月、桂歌丸と改名。高座では「歌がまるで歌えないから歌丸になった」と説明

 ▼65年、日本テレビで「笑点」の前身番組、「金曜寄席」がスタート。司会は立川談志

 ▼66年5月、「笑点」がスタート。大喜利メンバーとなる

 ▼68年、真打昇進

 ▼79年、落語芸術協会理事に就任。99年に副会長、2004年に会長(五代目)に就任

 ▼05年、芸術選奨文部科学大臣賞受賞

 ▼06年5月、「笑点」五代目司会者に就任。番組の40周年を機に、5代目三遊亭円楽が勇退した

 ▼07年、旭日小綬章受章

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス