文字サイズ

字幕翻訳家・寺尾次郎さん死去 62歳 シュガー・ベイブで山下達郎と活動

寺尾紗穂さん
1枚拡大

 映画字幕などを手掛けた翻訳家の寺尾次郎氏が6日、亡くなった。62歳。長女でミュージシャン、作家の寺尾紗穂がツイッターで公表した。

 寺尾さんは70年代はミュージシャンとして山下達郎、大貫妙子らのバンド「シュガー・ベイブ」でベーシストとして活動。その後、ジャン=リュック・ゴダール監督作品など、フランス映画を中心とした映画字幕翻訳家として活躍した。最近では09年に上映された映画「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」も字幕翻訳している。

 紗穂はツイッターで「父寺尾次郎が今朝永眠しました。葬儀は親族と関係者のみで行います。私としては長らく『遠くて遠い』父でしたが、最後に少し近く感じる事ができました。ホスピスに移る日、看護師さんに『またどこかで』と言った父の姿が目に焼き付いてます。映画の一場面のようでした」とつぶやいている。

 ミュージシャンの佐野元春もツイッターで「お悔やみ申し上げます。アマチュアの頃バンドで一緒だった。素晴らしいベーシストであり、ゴダール映画の優れた字幕翻訳者だった」と追悼した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス