文字サイズ

NHK大成アナ ユーモア溢れる退局報告「wiki先生も7割位正しい」

NHKを退職していたことが明らかになった大成安代アナウンサー
1枚拡大

 NHKの大成安代=おおなり・やすよ=アナウンサー(31)が5月末までに退局していたことが3日、分かった。この日までに自身のツイッターで「退職しました」と報告している。3月まで「ニュースチェック11」のスポーツキャスターを務めていた。

 大成アナは広島県三原市出身。京都大学経済学部卒業後、NHKへ。昨年、自身の31歳の誕生日の12月25日に一般男性と再婚していた。

 5月31日のツイッターで「社会人のイロハは、全部NHKで学びました。学生時代の夢もNHKで叶えてもらいました。ただただ感謝しかありません。31歳、人生の次のステージへ。」とツイートし、6月1日には「今何してる?という質問多し!退職しました」と退職を報告。「wiki先生も7割位正しいので、それ見てもらっても。笑。再婚して、家庭を大事にできる生き方をしたくなりました。子どももいつかは欲しい。テレビに出ることはもう無いかなと思います。事務所に所属したりしないので!普通に一般企業に転職です」とユーモアをまじえた文面で、「家庭を大事」にするための退局であることなどを伝えた。

 今後については、事務所に所属せず、司会やナレーションなど、「自分で出来る範囲」の仕事をしていくという。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス