文字サイズ

AKB速報が波乱 新エース候補49位、総監督21位の出遅れ

劇場公演を行ったAKB48・横山由依=東京・秋葉原のAKB48劇場(C)AKS
1枚拡大

 AKB48の53作目シングルの歌唱メンバーを決める「第10回AKB48グループ世界選抜総選挙」(6月16日開票、ナゴヤドーム)の速報順位発表が30日、東京・秋葉原のAKB48劇場で行われ、上位120人が発表された。

 今回総選挙の投票権付き52thシングル「Teacher Teacher」のセンターを務め、グループの“新エース”として期待されるAKB48・小栗有以(16)は、6727票で49位とまさかの出遅れとなった。グループ総監督で、昨年7位に入ったAKB48・横山由依(25)も、1万0296票で21位で厳しいスタートと、中位は波乱の幕開けとなった。

 速報1位は、NGT48・荻野由佳(19)が5万9531票を獲得。2年連続で速報1位に立った。2位はSKE48・松井珠理奈(21)、3位はHKT48・宮脇咲良(20)。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス