文字サイズ

モト冬樹 麻生大臣と内田前監督の共通点…自分の言葉を相手がどう思うか考えてない

 タレントのモト冬樹が24日、ブログを更新し、麻生太郎財務大臣と日本大学アメリカンフットボール部内田正人前監督の名前をあげ、「こんな人達がトップになれる日本という国のこれからが心配だ」と案じた。

 モトは「俺は人と話をする時 これを話すと相手がどういう気持ちになるかを絶えず考えている」と会話の時に他者に注意を払っていることを記した。

 その理由として「自分の言いたいことだけ言っていても 誰も理解してくれないからだ」と述べた。モトは「世の中のトップに立っている人は 特にそうでなくてはいけない ところがどうもそうではないようだ」と疑問を呈した。

 「麻生財務大臣しかり内田前監督しかり」と名前をあげ、「自分が何か言えば相手がすべて納得すると思っている その言葉で相手が世間がどう思うか何も考えていない」と指摘した。

 モトは続けて、「だからこそトップになれたのか?自分の意見をまわりがその通りですという環境の中で育ってきたからなのか?だとしたらこんな人達がトップになれる日本という国のこれからが心配だ」と案じた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス