文字サイズ

辛坊治郎アナ 「山口メンバー」と呼称する理由を解説…視聴者の違和感に答える

 辛坊治郎アナウンサーが28日、読売テレビ「ウェークアップ!ぷらす」(前8・00)に出演し、女子高校生への強制わいせつ容疑で書類送検されたTOKIO山口達也(46)を「山口メンバー」と呼称することについて視聴者に説明した。

 番組では冒頭でTOKIO山口について取り上げ、辛坊アナは「テレビをご覧の皆さんの中で、『メンバー』という表現に違和感をお持ちの方はけっこう多いと思います」と切り出した。

 辛坊アナは「これはわれわれの慣例で、逮捕されたようなケースでも一般人で書類だけが検察に送られて釈放されたようなケースでは、匿名にもどすのが一般的です」とテレビ局の慣例として、一般人が書類送検された後に釈放となった場合は匿名にしていることを述べた。

 さらに辛坊アナは「今さら匿名に戻す意味がない公人などの場合は肩書付きに戻すんですが、今回のケースは書類送検で。肩書といっても肩書はどうするんだという中で生まれたのが『メンバー』ということはお伝えしておこうと思います」とアイドルグループのメンバーという山口にどのような肩書を付けることがふさわしいのか議論した末でのことだったことをほのめかした。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス