文字サイズ

横山だいすけ、歌のお兄さんになりたくて…NHKお客様センターに電話を6年

横山だいすけ
1枚拡大

 NHK幼児番組「おかあさんといっしょ」の歌のお兄さんを今年3月に卒業した横山だいすけが12日、日本テレビ系「PON!」で、歌のお兄さんになるために、6年間、NHKのお客様センターに電話をかけ続けていたことを明かした。

 番組では横山をゲストに迎え、生歌などを披露してもらったが、トークコーナーでは、歌のお兄さんになったいきさつも聞くことに。

 どうしても歌のお兄さんになりたかったという横山は「芸能の世界の友人もいなくて、どうしようかなと。そのとき、ぼくとNHKのつながりはお客様センターしかなかった」と振り返り、NHKのお客様センターへオーディションの有無などを問い合わせたという。「オーディションありますか?って聞いたら、コールセンターの方はちょっと引いていらして」と言うが、それにもめげず、「毎年かけて。5、6年はかけた」とお客様センターに問い合わせ続けたという。

 するとようやく「たまたまなんですが、番組の内線につなぎますと言ってもらい、このぐらいの時期にオーディションがあると教えてもらって…」と、ようやく番組との接点が生まれたという。

 そこからの活躍は小さな子を抱える親なら承知の通り。横山は「受かったからいいけど、違ったらただの変態」と苦笑いで振り返っていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス