文字サイズ

「週刊少年ジャンプ」ドラマになる!! …テレ東「ドラマ24」とコラボ

「オー・マイ・ジャンプ!」に出演する伊藤淳史
1枚拡大

 テレビ東京の金曜深夜のドラマ枠「ドラマ24」が18年1月クールで50作目の記念を迎えるにあたり、同じく18年が創刊50周年となる少年漫画雑誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)と豪華コラボすることが10日、分かった。同編集部が全面協力のもと特別企画の連続ドラマ「オー・マイ・ジャンプ~少年ジャンプが地球を救う~」(1月12日スタート、金曜、深夜0・12)を放送するもの。劇中には少年ジャンプの最新作や過去の名作が登場するなど“ジャンプ愛”が詰まった物語となる。

 「50」が縁の豪華コラボで、1968年創刊という長い歴史で生まれた「週刊少年ジャンプ」の伝説的な作品、キャラクター、漫画家、編集者がドラマの中でよみがえる。

 連続ドラマ「オー・マイ-」は、「週刊少年ジャンプ」が好きな人たちが集まる秘密クラブが舞台の物語。毎回、メンバーによるジャンプ談議が物語の柱の1つで、ジャンプの名作漫画、人気エピソード、お気に入りのキャラクターについてコスプレしながら語る。

 併せて、そのトークや連載当時の回想映像で、名作を生んだ漫画家、編集者たちの創作秘話、語られなかった裏話、驚きのエピソードなどの人間ドラマが明かされていく。

 まさに多くの人に愛され続けているジャンプのすべてが分かるドラマ。最後は、メンバーが地球の危機に立ち上がるのか、という漫画チックな物語は、エンターテインメント作品としても十分楽しめる。

 これまでジャンプからは「キン肉マン」「ドラゴンボール」「ONE PIECE」など多数の名作が生まれた。第1話では、キン肉マンが登場予定だが、どの漫画、キャラクターが登場するかは、現在検討中という。

 主演は俳優・伊藤淳史(34)が務める。子供のころ「ジャンプ」を愛読。「『キャプテン翼』や『ドラゴンボール』が好きだった」と話し、「創刊50周年とドラマの50作目という節目で、皆さまに元気を届けたい。コスプレの共演者と芝居するのが楽しみ」と意気込みを語った。

 ほかにも馬場徹(29)、柳俊太郎(26)、斉木しげる(68)、寺脇康文(55)といったジャンプの愛読者のほか、佐藤仁美(38)が出演する。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス