文字サイズ

道上洋三アナ「おはパソ」で中村鋭一さんの「六甲おろし」歌声放送して追悼

 元朝日放送アナウンサーで名物パーソナリティーとして活躍した中村鋭一さんの訃報を受け、後輩の道上洋三アナ(74)が8日、77年に中村さんから受け継いで41年目になるABCラジオ番組「おはようパーソナリティ」で、中村さんが歌った「六甲おろし」を流し、追悼した。

 道上アナは番組で中村さんの訃報を伝え「40年かかっても、大先輩に追いつき、追い越せたと思えた日は1日もありません」と悼んだ。

 中村さんが「おはパソ」を開始した71年当時の状況を「今とは全く違うんです」と説明。放送局が不偏不党とされた時代で、阪神勝利の翌日に番組で中村さんが「六甲おろし」を歌ったことで「世の中、ひっくり返ったんです」と、先駆者に敬意を表した。

 この日は、中村さんの名文句「山よりでっかい獅子は出ん」の声も放送。

 新人時代から中村さんのスポーツ実況指導を受けた道上アナは、奔放だった中村さんを「ついて行くのはやめとこうと思った」となつかしんだ。中村さんは高校野球実況で「センターバック、センターバック、捕りよった、えらいやっちゃ」と関西弁で実況し、当時はNHKから白い目で見られていたという。また休憩時間に仮眠をとるためつけていたサングラスを外し忘れて実況席につき、晴天の中、「泣き出さんばかりの曇天」と放送してしまったこともあったという。

 会話もユーモアたっぷりで、釣った鯛の大きさの話でも、最初は30センチだったはずが、話すうちにどんどん大きくなり、最後は1メートルの鯛を釣ったことになっていたという。

 道上アナは「わがままで、勝手で、情にもろくて、おもしろくて、寂しがり屋で…日本一のパーソナリティーでした」と悼んだ。

 番組では中村さんが「阪神優勝!」と叫んで歌い出す「六甲おろし」の歌声を放送。道上アナは「(音源の中で)また中村さん、甲子園に『7万人の観衆』とか、うそついとるな」とおもしろがっていた。

 中村さんとの日々を「憧れ、羨望、尊敬、嫉妬、ないまぜになった50年でした」と振り返り「越えられない山が突然なくなり、目標を見失い、どこがゴールか分からなくなっていますが、先輩のほうに向かって、私はもう少しだけ走り続けます。先輩、ご苦労様でした。ありがとうございました」と追悼した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス