文字サイズ

井上公造氏に強烈反論、古市氏から「綺麗事」 報道時の“配慮”めぐり

井上公造氏
1枚拡大

 芸能リポーターの井上公造氏が20日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系、日曜、前10時)で社会学者の古市憲寿氏から手厳しい突っ込みを受けた。自身がつかんでいるネタをあえて報じないケースについて、その人の子どもの存在を配慮する場合があるとしたが、「それは綺麗事」と斬り捨てられた。

 番組冒頭では、上原多香子のかつての不倫疑惑についてメーン出演者の松本人志のコメントがカットされたことについて取り上げた。その流れで、井上氏は自身がネタをつかんでいながら報じないケースがあるのか、という質問を受けた。

 「10のことを知っていて、10のことをしゃべるのが僕らの役目とは思っていません」と答えた井上氏は、一例として、その人の子供が受験を控えているなどのケースを挙げ、「特に子供さんのことは考えます」と説明した。

 「それは綺麗事じゃないですか」と納得いかないのは古市氏だ。「実際そうじゃないじゃないですか。子供がいる人も不倫とかで告発されてる」と指摘し、「芸能リポーターの傲慢じゃないですか。自分たちが配慮してやっているみたいな。ちょっと違うんじゃないかな」と反論した。

 古市氏以外の共演者からも「知り合いだと甘くなるんですか」、「事務所の大小で忖度は」など質問の集中砲火を浴びタジタジの井上氏。「僕は人間関係を重視します」とケースごとに判断しているといい、「(事務所から)圧力をかけられた記憶はない。本当に。結果的に番組側にいっている可能性はあると思います。ほとんどのケースで言うと圧力ではなく、自主規制」と説明していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス