文字サイズ

元KAT-TUN田中聖 九回に登板の弟、二松学舎大付・彗投手に声援 「うれしかった」

アルプス席で二松学舎大付の弟・彗を応援する元KAT-TUN田中聖
 明桜戦に2番手で登板した二松学舎大付・田中=甲子園
9回、帽子を飛ばして力投する二松学舎・田中彗(撮影・石湯恒介)
3枚3枚

「全国高校野球・2回戦、二松学舎大付14-2明桜」(13日、甲子園球場)

 二松学舎大付が19安打14得点の猛攻で初戦を突破した。

 アルプス席では、背番号11の田中彗投手(3年)の兄で、KAT-TUNの元メンバー・田中聖(31)が観戦。チームカラーの緑の応援シャツを着て声援を送った。

 九回に弟・彗投手が2番手で登板。1死後、相手5番打者に左越えソロ本塁打を浴びると悔しそうな表情を見せた。さらに2死二塁のピンチを招くと「あと一人、頑張れ~」とマウンドの弟に向かって絶叫。最後の打者を三ゴロに打ち取りゲームセットを迎えると、メガホンを打ち鳴らして大喜びしていた。

 試合後は報道陣の問いかけに笑顔で対応。弟の勇姿とチームの大勝を見届け「うれしかったです」と話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリースポーツ
    ネットショッピング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス