文字サイズ

船村徹さんの曲歌い継ぐ 「内弟子5人の会」で鳥羽一郎ら28曲熱唱

 師匠の遺影を前に思い出を語る(左から)村木弾、天草二郎、鳥羽一郎、静太郎、走裕介=栃木県日光市の船村徹記念館
1枚拡大

 今年の2月に死去した作曲家・船村徹氏(享年84)をしのび、内弟子の歌手の鳥羽一郎(65)、静太郎(52)、天草二郎(46)、走裕介(43)、村木弾(37)が12日、栃木県日光市の船村徹記念館で「内弟子5人の会 船村徹を歌い継ぐ」を行い、「風雪ながれ旅」「別れの一本杉」など師匠が残した全28曲を熱唱した。

 この日は船村氏の誕生日。船村門下生の同門会会長でもある鳥羽は、「兄弟船」などを熱唱。「いい歌ばかり残して逝ってしまった。本当にくやしいし、さみしい」と話し、「内弟子の5人で今後も作品を歌い継ぎ、広めていきたい。先生の思いを継ぎ『二代目演歌巡礼』をやる」と、船村氏がライフワークとしていたコンサート「演歌巡礼」を受け継ぐ決意を明かした。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス