文字サイズ

クドカン大河【一問一答(1)】阿部サダヲ「まさか、ビックリ」

 宮藤官九郎(46)が五輪をテーマに脚本を手がける2019年のNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」にクドカン作品の常連俳優・阿部サダヲ(46)と中村勘九郎(35)がW主演することが決まり、3日、東京・渋谷の同局で発表された。

 記者会見の一問一答は次の通り。

   ◆  ◆

 訓覇圭氏(制作統括)「キャスティングの方は、金栗(四三)さんの資料を読んで、第一感でございます。ピーンと来て。足袋をはいて(五輪に)参加しているんですね。1人足袋をはいて行進したという。歌舞伎を背負って戦っている(中村)勘九郎さんにしかできない表現があるのではないかなと思いお願いしました。

 阿部(サダヲ)さんは、演じていただく田畑(政治)さんが、ものすごい情熱のある方です。執念で1964年のオリンピックを日本に持ってきた人なんですが、熱すぎる男というぐらい情熱があって、暑苦しくなく、笑えるように演じていただくのは阿部さんしかいないなと思ってキャスティングしました。宮藤(官九郎)さんとのコンビを楽しみにしております。前半を中村勘九郎さん、後半を阿部サダヲさんを中心にリレーしていく形でお届けしたいと思っております」

 中村勘九郎「歴史ある大河ドラマを、宮藤さんのホン、阿部さんとともにできるのは本当にうれしいです。幸せですし、誇りに思います。金栗四三さんはマラソンに生涯をささげて、マラソンに対する熱量やストイックさ、その姿勢には本当に頭が下がる思いでございます。金栗さんは教師時代いつもニコニコしていて『お釈迦(しゃか)さま』というあだ名がついたそうでございますので、1年間の長きにわたる撮影ですけど、笑顔を絶やさず体力気力で走りきりたいと思います」

 阿部サダヲ「カッパをやるわけじゃないですよ。カッパと呼ばれている人ですよね。映画(2005年の『妖怪大戦争』)でもカッパをやったことあるので。大河ドラマで『(おんな城主)直虎』に出ていて、まさかないだろうなと思っていたところに声がかかってビックリしていて。宮藤さんとコンビと言われましたけど、テレビドラマでは宮藤さんの作品には10年以上出ていないので。『あまちゃん』とか出てないですから。『いだてん』に出られて良かったです」

 宮藤官九郎「阿部くんとよく一緒になるんですけど、言っちゃいけないものですから内心ドキドキしていました。勘九郎さんもありがとうございます。やっていただけるということで。大河っていうと、時代劇のイメージもありますし、歴史に名を残した人のイメージがありますので、金栗四三役ですと言った時にポカンとされるんじゃないかと思ったんですけど、本も読んでいただいてありがとうございます。

 見た目が似てるというか、近いというのを思っていいんじゃないかと言ったんですよね。そろそろ書き始めてはいるんですけど、金栗さんのことは詳しいんですけど、田畑さんのことは詳しくない。去年の夏ぐらいは詳しかったんですけど、忘れかけている…。田畑さんの質問は目が泳いでしまうかもしれません」

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス