文字サイズ

「笑ゥせぇるすまん」28年ぶりアニメ化…喪黒役・玄田は前任の大平氏の指名

「笑ゥせぇるすまんNEW」の主人公・喪黒福造を演じる玄田哲章=東京・HALF H・P STUDIO(撮影・開出牧)
「笑ゥせぇるすまんNEW」のパネルの前でポーズを決める、主人公・喪黒福造役の玄田哲章=東京・HALF H・P STUDIO(撮影・開出牧)
「笑ゥせぇるすまんNEW」のパネルの前でポーズを決める、主人公・喪黒福造役の玄田哲章=東京・HALF H・P STUDIO(撮影・開出牧)
3枚3枚

 漫画家・藤子不二雄A氏(82)原作の大人気ブラック・ユーモア漫画「笑ゥせぇるすまん」が28年ぶりにアニメ化されることになり、主人公の喪黒福造を演じる声優で俳優の玄田哲章(68)が27日、都内で会見した。

 「笑ゥ-」は1989年にTBS系で放送された「ギミア・ぶれいく」内で初めてアニメ化された。今回はアニメ専門チャンネルの「アニマックス」が「笑ゥせぇるすまんNEW」として4月7日の深夜24時から放送開始する。オリジナル脚本を交えた1話完結のオムニバス形式となっている。

 喪黒福造役は昨年4月に亡くなった声優の故大平透氏が務めていた。実は生前から大平氏は「喪黒福造の後任は玄田さんで」と指名しており、今回はその意向通りに玄田のキャスティングが実現したという。玄田は「大平さんは尊敬していましたし、喪黒をやると決まった時には非常にうれしかった。僕なりに一生懸命大平さんに近づきたいと思う」と決意表明した。

 玄田は喪黒を演じるにあたり「喪黒が『約束を守らないと大変なことになりますよ』というニュアンスを大事にしたい。(呪文の)『ドーン!』が決め手になるし、最後に笑う『ホーッホッホッ』も余韻を残すように気をつけたいと思う」と明かした。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    デイリースポーツ
    ネットショッピング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス