文字サイズ

小倉智昭氏 清水富美加の電撃引退を批判 「仕事に責任を持たなければ」

小倉智昭氏
1枚拡大

 キャスターの小倉智昭氏が13日、フジテレビ系「とくダネ!」で女優・清水富美加の電撃引退を批判した。

 この話題を番組ではトップニュースで扱い、小倉キャスターは「信仰の自由というのはありますから」と宗教法人「幸福の科学」への出家については理解を示す一方で、撮影中の映画や公開を控える映画があるなど仕事を残しての“電撃引退”には強い口調で批判。

 「たとえ芸能人といえども、自分の仕事に対しては責任を持たなければいけないと思う」とし、所属事務所との契約を「奴隷契約」などと糾弾する清水側の姿勢に対しても「所属していた事務所に対する苦言をここまで呈する必要があったのか」と疑問を投げかけた。

 一方、アシスタントの女優・菊川怜は、「彼女の大変さも分かる部分はある。芸能人は自分を売る仕事。若いころからやっていると、世の中のことや自我とか自立していない中で、どこまで大人と対峙した時に、自分の意見を言えるか、そういうところで苦労したのでは?そういう時に家族だったり、誰かの支えがあったりすればと思う」と清水を思いやった。

 この言葉に、小倉キャスターは「それが彼女はある意味、幸福の科学だったのかもしれません」と続け、トップニュースを締めた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス