文字サイズ

森高千里 19年ぶりドラム演奏唱

 歌手・森高千里(47)が7日、フジテレビ「2016FNS歌謡祭」で19年ぶりにドラム演奏しながらの歌唱を生披露した。この日は司会を務めながらの歌唱となった。

 自ら作詞した1995年発表の代表曲「二人は恋人」をステージ中央でドラムを叩きながら、事務所の後輩である℃-uteとのコラボで歌唱した。

 バラード曲「SNOW AGAIN」(1997年)もドラム演奏しながらしっとりと歌い上げた。

 フジ系音楽番組「Love music」で共にMCを務めるアンジャッシュ・渡部建は「練習していると言ってましたが、緊張してるでしょうね。生放送ですから」と猛特訓していたことを明かしていた。

 森高の“ドラム歌唱”を初めて見た人も多かったようで、「ドラムよかった」「かっこいい」などと驚きのコメントが次々と寄せられている。

 

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス