文字サイズ

槇原敬之「世界に一つだけの花」受け継ぐ 音楽フェスでファンと合唱

熱唱する槇原敬之(左から3人目)、KAN(同4人目)、馬場俊英(同6人目)=大阪市内
1枚拡大

 歌手の槇原敬之(47)が20日、大阪市内で行われた音楽フェス「靱公園MUSIC FESTA FM COCOLO~風のハミング」に出演し、SMAPの代表曲「世界に一つだけの花」を「(受け継ぐのは)僕らしかいない」と作詞作曲した者として宣言し、場内のファンとともに合唱した。

 年内での解散を発表したSMAPに提供した2003年の大ヒット曲。槇原は照れながら「みんなが参加できる曲を歌おうと思います。例のアレです」と前振りすると、6500人の聴衆が大きく沸いた。

 共演のKAN(53)が「SMAPが解散したら、この歌を受け継いでいくのは僕らしかいないからね」と話を振ると、槇原も共演の馬場俊英(49)も「僕らしかいない」と同調。

 KANはさらに「木村です」と、本名が「木村和」であることから、木村拓哉(43)を連想させる自己紹介を行い、笑いを誘った。

 アロハシャツにタオルはちまき姿の槇原は、汗だくになりながら聴衆にサビ部分のSMAPの振り付けを指導。場内全員で曲を合唱した。

 この模様は、27日と9月3日のFM COCOLO「風のハミング」(午後5・00、関西地区)で放送される。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス