文字サイズ

漫画家の吉野朔実さんが病死

 漫画家の吉野朔実(よしの・さくみ)さんが4月20日に死去していたことが2日、分かった。57歳。大阪府出身。最新作を発表した「月刊フラワーズ」(小学館)の公式サイトと、エッセー漫画「吉野朔実劇場」を長期連載中の「本の雑誌」(本の雑誌社)の公式サイトがこの日、「ご病気のためご逝去されました」と公表した。

 1980年、「ぶ~け」に掲載された「ウツよりソウがよろしいの!」でデビュー。高い画力と理知的で繊細な作風で人気を博した。代表作に「月下の一群」「少年は荒野をめざす」「Period」などがある。

 4月28日発売の「フラワーズ」に最新作「いつか緑の花束に」を発表したばかりだった。「本の雑誌」のサイトによれば、10日発売の6月号に「吉野朔実劇場」の「猿という雑誌」が掲載予定。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス