文字サイズ

読テレ・増井渚アナがフリーに転身

読売テレビを退社することになった増井渚アナウンサー
1枚拡大

 読売テレビの増井渚アナウンサー(24)が3月いっぱいで同社を退社しフリーに転身することが8日、分かった。同局が発表した。増井アナは2014年4月入社の2年目。退社後は“女子アナ軍団”の芸能事務所・セントフォースに所属する。

 親しみやすい人柄で人気の増井アナが、わずか2年間で退社することになった。同局によると、退社理由は自分の可能性を広げていきたいという本人の希望という。増井アナは現在、日本テレビ系の情報番組「秘密のケンミンSHOW」(木曜、午後9・00)と、報道番組「ウェークアップ!ぷらす」(土曜、前8・00)に出演。同局退社に伴い両番組を降板する。

 「秘密-」では、番組で紹介された情報をデータなどで補足するアシスタントを務めた。既に自身の出演分は収録を終えており、4月以降は平松翔馬アナが引き継ぐ。一方の「ウェークアップ-」は、26日の生放送が最後の出演となり、当面は後任を置かず放送する予定。

 最近の在阪局アナウンサーのフリー転身は、同局に務めていた川田裕美アナ(32)で、ちょうど1年前となる昨年3月いっぱいで退社。増井アナと同じセントフォースへ所属している。

 先輩の後を追う形となった増井アナはこの日、同局を通じ「2年という短い間でしたが、多くのことを学ばせていただき、本当に感謝の気持ちでいっぱいです」などとコメント。また、フリー転身へ「フリーアナウンサーとして自分にできることを一つ一つ積み重ねていきたいと思っております」とした。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス