文字サイズ

黒柳徹子、車いす通院報道を否定

 大みそかの紅白歌合戦で総合司会を務める女優でタレントの黒柳徹子(82)が9日、ユーモアで世の中に明るい話題を提供した人に贈られる「ゆうもあ大賞」に選ばれ、都内で行われた授賞式に出席。一部で報じられた車いす通院を否定したが、今後は使用する可能性も示唆した。

 車いす通院について聞かれた黒柳は「私は車いすには乗っておりません」と否定したうえで「もう少したったら重要な仕事には車いすで行こうかと思う。マレーネ・ディートリッヒもそうでした」と明かした。

 現在も就寝前のスクワット50回と30秒の相撲の立ち合いポーズで鍛えていると健康体を強調した。紅白では史上最年長司会を務めるが「どんなことをするのか分からない。何も打ち合わせしてないから」と不安をのぞかせていた。

 表彰式にはスタッフの助けを借りながらも、自分の足でスロープから壇上へ登った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス