文字サイズ

黒木華 初主演映画は岩井俊二監督作品

 劇中で皆川七海を演じる黒木華
 岩井俊二監督
2枚

 女優の黒木華(25)が、映画「リップヴァンウィンクルの花嫁」(来年3月26日公開)で単独初主演することが18日、分かった。

 岩井俊二監督(52)が手掛ける2004年公開の「花とアリス」以来、12年ぶりの邦画実写作品。8カ月かけて6Kカメラで撮影し「SNS」「結婚式の代理出席バイト」など現代的モチーフが採り入れられている。岩井監督は「できれば永久に撮っていたかった」と黒木にほれ込んでいたという。

 「四月物語」「リリイ・シュシュのすべて」など端正な映像と独自の作家性で知られる岩井監督が、黒木にゾッコンになった。

 2人の出会いは、2012年1月に行われ、黒木が合格した「日本映画専門チャンネル」のCMオーディション。審査した岩井監督は黒木を「映画の匂いのする、映画に愛される女優」とほれ込み、主演映画を企画。13年10月に当て書きで原作を完成させ、昨年11月にクランクイン。今年7月まで8カ月をかけ、6Kカメラを2台同時使用し、すべて自然光で透明感ある映像を作り上げた。

 映画は、原作・脚本も兼ねた岩井監督自身が「書き上げてはみたものの、これは一体何の話なんだろう、それが自分でもよくわからなかった」と振り返るほど、現代的なエピソードが詰め込まれた。

 SNSで手軽に結婚相手を見つけた主人公・皆川七海が、あるウソをきっかけに転落し、困難を乗り越えていく姿を描いており、宮川朋之プロデューサーは「現代版『風と共に去りぬ』のスカーレット・オハラのようなヒロイン」と説明。

 タイトルのリップヴァンウィンクルとは“アメリカの浦島太郎”と呼ばれる小説の主人公で、今作では登場人物のハンドルネームという。七海に手をさしのべる何でも屋を、黒木と13年公開の「シャニダールの花」でW主演したことのある綾野剛(33)が演じる。

 単独初主演作の撮影を終え、黒木は「脚本、撮影、音楽、時間、全てのものを、愛おしく思います。その幸せを少しでもおすそ分け出来たらうれしいなと思います」と、公開を心待ちにしている。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス