文字サイズ

三池監督 キムタクの起用理由を語る

 三池崇史監督
1枚拡大

 SMAPの木村拓哉(42)が三池崇史監督(55)と初タッグを組み、映画「無限の住人」(2017年公開)に主演することが4日、分かった。世界22カ国で刊行されている同名の人気コミックを初実写化。木村は不老不死の肉体を持つ伝説の侍・万次役で、映画「武士の一分」以来、約11年ぶりの時代劇映画主演となる。海外でも評価が高い三池監督との“最強タッグ”で、世界に挑む。

 世界を視野に入れた巨大プロジェクトが動き出す。木村は「僕自身もヨーロッパをはじめ、海外の方々にも観ていただけたらと思っていますが、まずはしっかり演じること」と、11月から始まる撮影に気を引き締めた。

 原作は単行本全30巻の累計発行部数が約500万部に達し、米仏など22カ国で愛される剣客アクション漫画。剣客集団・逸刀流に両親を殺された少女に雇われた用心棒で不老不死の侍・万次(木村)が戦う姿を描く。

 三池監督は木村の起用理由を「死ねない男と、永遠にトップアイドルで降りられないところがかぶる。人は殺しはしないけど木村拓哉も“無限の住人”」と説明した。衣装合わせで会った印象は「意外にシャイ」。トップアイドルで居続けることに「本人がイメージしたものを超えちゃっている。もしかしたら退屈なんじゃないかな」と推測しつつ、「『映画はやっぱり面白いよね』と思わせたい」と意欲を見せた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス