文字サイズ

渡瀬と井ノ原、夢ふくらむ10年目

 俳優・渡瀬恒彦(70)がV6・井ノ原快彦(38)とタッグを組むテレビ朝日系人気刑事ドラマ「警視庁捜査一課9係」(水曜、後9・00)の第10シリーズが4月から放送されることが6日、分かった。

 06年に放送を開始した本格群像刑事ドラマは節目の10年目に突入。タキシード姿の2人はシャンパンで祝杯をあげ、渡瀬の兄で俳優の渡哲也(73)やV6のゲスト出演を熱望するなど夢プランを語った。

 記念となる第10シリーズは、加納倫太郎係長役で主演する渡瀬と、浅輪直樹刑事役の井ノ原のコンビがフル回転の活躍を見せる。第1話から加納が被弾する展開で各話ゲストも豪華な俳優が登場予定だ。

 「単なる10年目」とこれまでと変わらないスタンスで撮影に挑む渡瀬だが、呼んでみたい特別ゲストを問われると、「兄貴、呼びますか?」とノリノリ。同局系刑事ドラマシリーズ「西部警察」(79~84年)に出演した渡を指名すると、「V6を一人ずつ!!」と今年デビュー20周年を迎えるグループ出演も呼びかけた。

 V6・長野博(42)が「警視庁捜査一課9係 年末スペシャル」(06年)に出演していたと懐かしがる井ノ原も、「そういうことがあったら面白い」と渡瀬の語る夢プランに興味津々だった。

 作品は06年にスタート。刑事たちの人間模様も描いた本格群像刑事ドラマとして人気を博す。主に7月期の水曜午後9時枠で放送され、10月期に同枠で放送してきた人気刑事ドラマ「相棒」シリーズにつなげてきた。

 現在、「相棒」はシーズン13を放送中。渡瀬は「追いつけ追い越せはないけど、意識はしますね。やっぱり、すごいと思う」と感心する。今後についても渡瀬は「続けられるもんなら続けたい」と熱く語り、相棒に続く長期シリーズにすることに意欲十分だった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス