文字サイズ

元NHK生方アナ死去 紅白で総合司会

 笑顔で会見する生方恵一アナウンサー=1985年10月
 死去した元NHKの生方恵一さん
2枚2枚

 元NHKアナウンサーで、日本テレビ、フリーでも活躍した生方恵一(うぶかた・けいいち)さんが今月15日に都内の病院で肺炎のため死去していたことが19日、分かった。81歳。群馬県出身。葬儀は18日に家族で済ませた。

 生方さんは1956年にNHKに入局。81、82、84年の「紅白歌合戦」の総合司会を務めるなどNHKの顔だった。84年の35回紅白での「ミソラ」発言は放送史に残るハプニングとして知られる。

 紅白の歴史に大きな足跡を残した名アナウンサーが、紅白のシーズンに旅立った。

 この日、都内でデイリースポーツの取材に応じた遺族によれば、生方さんは数年前から糖尿病を患い、その後は腎不全で透析を受けていた。体調は徐々に悪化し、入退院を繰り返していた。

 今年10月3日に入院。夫人がほぼ毎日見舞い、日常会話は普通にできていた。今月14日にも普段通り見舞ったが、15日朝に病院から容体が急変したという連絡が入り、その時点で人工呼吸器を付けられた状態だった。

 息子、娘夫婦も駆け付け、家族で最期をみとった。生方さんは苦しまず、静かに息を引き取ったという。

 生方さんは軽快な語り口で人気を博し、紅白では3度も総合司会を務めるNHKの看板アナだったが、84年の紅白で番組史上最大級のハプニングを起こす。紅白がラストステージと宣言していた歌手・都はるみが歌い終えた後、都の名前を「ミソラ」と言い間違えてしまった。

 翌年7月、大阪に転勤したが、8月5日付で退職。8月6日の会見では「失態とは全く関係ない」と説明した。7日付のデイリースポーツでは、生方さんが酒席で「ミソラ」発言を「一生の不覚」と話していたと報じている。

 当時を知る関係者によれば、復帰した都と仕事の現場で再会した際、生方さんが「あの時は大変申し訳ありませんでした」と謝罪すると、都は「もういいのよ。気にしないで」と笑顔で対応。当人同士のわだかまりはなかったという。

 近年は仕事をしていなかったが、今年9月に「NHKアーカイブス」の仕事を少しだけしていたという。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス