文字サイズ

愛川欽也“幻のトラック野郎最終回”

 菅原文太さんの訃報を受け会見に臨む愛川欽也=東京・青葉台のキンケロ・シアター(撮影・村中拓久)
1枚拡大

 高倉健さんに続く、昭和を代表する映画スターの訃報に、芸能界はまたも悲しみに暮れた。菅原文太さんが亡くなったことを受け、1日、映画「トラック野郎」シリーズで共演した愛川欽也(80)がその死を惜しんだ。

 「トラック野郎」シリーズ10作品で菅原さんの相棒・やもめのジョナサンを演じた愛川は「きょとんとしちゃってるよ。ビックリしてます」と驚きを隠さず、「(『トラック野郎』の)鈴木則文監督も死んじゃったし、だんだんいなくなるのかな…」と寂しそうな表情を見せた。

 最後に会ったのは今年の春。東映本社であいさつを交わしたというが、「俺より元気そうで、どこも悪いところはないように見えた」と振り返る。

 「トラック-」の企画は愛川が菅原さんに持ち込んで実現し、大ヒットした。2001年に俳優だった菅原さんの長男加織さんが事故死。その数年後に菅原さんへ連絡を入れ、「年を取ってもいいから、『トラック野郎』の最終回をやらないか」と声をかけたが、菅原さんに「キンキン、もうええんじゃないか」と断られたという。愛川は「幻の11本目でした」と明かした。

 原発反対など菅原さんの最近の活動は新聞などで見ていたといい、「変わっちゃったのかなー、と思ってた」という。

 愛川は「高倉健さんと菅原文太さんは似ていた。寡黙な人と思われていたけど、寡黙じゃない。『トラック野郎』の星桃次郎を気に入ってやってくれてたと思う。俺の文ちゃんのイメージは桃次郎そのまんまなんだ」と肩を落とした。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス