文字サイズ

りえママ死去…65歳肝腫瘍で自宅療養

 宮沢りえ(左)と亡くなった母・光子さん
2枚

 女優・宮沢りえ(41)の母でりえの所属事務所「エム・ツー企画」の代表取締役・宮沢光子さんが23日に死去したことが24日、明らかになった。65歳だった。肝腫瘍の診断を受けていたが、光子さんの希望で、自宅療養していたという。

 光子さんは、りえと二人三脚で歩み、りえを一流の女優に育て上げた。常にりえを支え、守り、寄り添っていたため、「りえママ」と呼ばれ、親しまれた。りえは30日まで、都内で舞台「火のようにさみしい姉がいて」に出演しているが、24日は休演日だった。通夜、密葬はすでに近親者で済ませたという。

 りえは「最期に、生きるということの美しさと、凄まじさと、その価値を教えてもらいました。そういった全ての宝物を胸に、私は、役者として、母として、女として、惜しみなく生きようと思います」とコメントを発表した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス