文字サイズ

都知事選、第一声で小泉劇場再び 

 徳洲会グループから5千万円を受け取った問題で猪瀬直樹前知事(67)が辞職したことに伴う東京都知事選が23日告示され、無所属で前日弁連会長の宇都宮健児氏(67)=共産、社民推薦、無所属で元厚生労働相の舛添要一氏(65)、無所属で元首相の細川護熙氏(76)ら新人16人が立候補を届け出た。

 政権運営に影響を与える原発・エネルギー政策を焦点に論戦を繰り広げる。2020年東京五輪に向けた対応や首都の少子高齢化対策なども争点。投開票は2月9日。

 どちらが立候補したのか分からない。東京都庁前での第一声。細川氏と応援に駆けつけた元首相の小泉純一郎氏(72)は予定より8分早く現れ、演説を始めた。カンペを左手に握り締め、小さな声で脱原発の公約を訴える細川氏からバトンを受け取ると、小泉劇場は幕を開けた。

 滑舌の悪さにややブランクを感じさせるものの、一言ごとに右手を振り上げるジェスチャーで聴衆の視線を集め、力強い声の小泉節は健在だ。「私どもは夢を持っている」と、キング牧師の名スピーチさながらに訴えかけた。

 東日本大震災に端を発した脱原発の動き。小泉氏は「このピンチをチャンスに変える。歴史的な大転換期だ。(脱原発は)夢だ、理想だと言われる人もいます。でも、原発ゼロは実現できる夢なんです!!」と「夢」という単語を連呼。都内3カ所での応援演説で計12回使用し、脱原発が「ともにかなえる夢」だとスピーチを展開した。

 一方の細川氏は、低体温なスピーチに終始。都内2カ所目となった渋谷スクランブル交差点前では、小さな声量が街頭ビジョンにかき消され、「声が聞こえね~ぞ!!」「もっと大きな声でしゃべれ~!!」と聴衆から“お叱り”を受ける始末。演説中にもかかわらず、「小泉さ~ん」「純一郎~!!」の声まで上がり、選挙カーを舞台にした“主役”がどちらかは明らかだった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス