文字サイズ

櫻井翔、世界のセレブに“仲間入り”

 人気グループ・嵐の櫻井翔(31)が27日、主演した「映画 謎解きはディナーのあとで」(8月3日公開)の舞台となったシンガポールで同作のインターナショナルプレミアを行った。

 撮影場所となった東洋随一の名門ホテル・ラッフルズホテルでは、チャールズ・チャップリン、エリザベス・テイラーら著名人宿泊客の写真が壁一面に飾られた廊下に、日本人男優として初めて飾られた。“世界的セレブ”の“仲間入り”に「ありがたき幸せ」と喜んだ。

 時の人であるウィリアム王子とキャサリン妃のツーショット写真の向かい側に飾られた自身の笑顔に、櫻井は目を丸くして「ちょっと信じられない。これ本当ですか?」と驚いた。

 ラッフルズホテルは白亜の外観の美しさから「東洋の真珠」と呼ばれる創業125年の超名門。全室スイートで、各国の王室をはじめ、世界的著名人に愛され、その中からホテルが選んだ顧客の写真が、「Hall of Fame」を彩ってきた。

 櫻井は1年前の撮影時に初めて宿泊。その時点で支配人から依頼され、今回掲出が実現した。掲出は128組目で、日本人男優としては初の名誉。劇中では執事・影山を演じているが、「セレブ」として歴史に名を残すことに照れ笑い。「部屋のテラスから中庭を見ていると歴史に酔うんです。(同所が発祥のカクテル)シンガポール・スリングも飲みました」と魅了されている心境を明かし、「『(自分は)すごかったんだぞ』って、孫にも見せられますね。本当に“ありがたき幸せ”です」と影山の名ぜりふで喜びを表現した。

 この日夜、行われた上映会は、シンガポールの最新名所・マリーナベイサンズで行われた。1500人収容の「ザ・サンズシアター」で日本映画が上映されるのは初めて。新旧の名所に大きな足跡を残すことになった。

 櫻井は「(シンガポールで)お世話になった皆さんに見ていただけることはめちゃめちゃうれしい。今まで海外で撮影しても、映画を持っていけることがなかったので。おれ、今浮かれてます!」と、“がい旋上映”にハイテンション。レッドカーペットに詰め掛けた2000人のファンへ、マレー語で「テレマカシー(ありがとう)!」と思いをいっぱいに伝えていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス