文字サイズ

℃‐ute初の単独海外公演、仏熱狂

 5人組アイドルグループ、℃‐uteが5日(日本時間6日)、仏パリのライブハウス「ラ・シガール」で初の海外単独公演を行い、10分間に及ぶ「℃‐uteコール」など、地元ファン1300人の熱狂的な声援を受けた。

 5人は「皇帝ナポレオンのように有名になって、世界中でライブがしたい。最終目標はマジソン・スクエア・ガーデン」と、高らかに世界制覇を宣言した。

 「ラ・シガール」は1887年に創業し、坂本龍一やエリック・クラプトンらもステージに立った名門ライブハウス。その殿堂のマネジャーは、5人が巻き起こした旋風に「間違いなく今年一番の盛り上がり。最高だよ」と、舌を巻いた。

 5人も「ここは本当にフランスなの?」とライブ前から始まる騒ぎにビックリだ。地元のファンだけでチケット1300枚は完売し、会場には早朝から長蛇の列。本番前からペンライトを手に℃‐uteの曲を合唱し、熱気ムンムンだった。

 ライブが始まると興奮は最高潮に。リーダーの矢島舞美(21)らが「ボンジュール!トゥルモンド!ヌ ソームレ ℃‐ute(こんにちは!みなさん!私たちは℃‐uteです)」とフランス語であいさつすると「マイミ~!アイリ~!」と、悲鳴のような叫び声が起きた。5人が10日発売の新曲「アダムとイブのジレンマ」や代表曲「都会っ子純情」など22曲の全力パフォーマンスで応えると、アンコールを求めるコールは約10分間鳴りやまなかった。

 公演は、1人の女子高生パリジェンヌの熱意で実現した。今年1月、アンジェリック・マリーさん(17)が仲間とユーチューブ上で、パリ公演を求める署名活動を開始。署名者が1000人を超えた時点で、ツイッターで所属事務所関係者に報告し、海外進出を検討していたスタッフの背中を後押しした。この日、マリーさんとステージ上で対面したメンバーは「あなたのおかげ。ありがとう」と抱き合った。

 終演後、鈴木愛理(19)は「自分が知らないところでも応援してくれる人がいるのが、すごく自信になった。いろんな国でライブをしたい」と、“世界アイドル革命”を誓っていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス