文字サイズ

大野“余命3カ月”役に真摯に向き合う

 嵐の大野智(32)が日本テレビ系「24時間テレビ36 愛は地球を救う」(8月24・25日放送)のドラマスペシャルに初主演することが17日、分かった。タイトルは「今日の日はさようなら」(24日夜放送予定)。大野は29歳で突然、がんに侵される青年・耕太という難役に挑む。

 ドラマは、悪性リンパ腫という血液のがんに一度は打ち勝ちながら再発、余命3カ月の宣告を受ける耕太の人生を克明に描いていく。大野は「『ちゃんと生きて、ちゃんと死ぬ』という難しいテーマに、真摯(しんし)に向き合っていきたい。僕も耕太とじっくり向き合って、耕太の“強い意思”をしっかり演じきりたいと思います」とコメントした。

 嵐のメンバーが24時間テレビドラマで主演を務めたのは大野で3人目。過去には2008年に松本潤(29)が「みゅうの足(あんよ)パパにあげる」、昨年に二宮和也(30)が「車イスで僕は空を飛ぶ」で主演している。また、大野のドラマ主演は昨年4月期放送のフジテレビ系「鍵のかかった部屋」以来となった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス