文字サイズ

19歳・西郷真央が単独首位 東京五輪銀の稲見萌寧は1打差2位タイ 日本女子プロゴルフ選手権

 3番、ティーショットを放つ西郷真央(撮影・開出牧)
 3番、ティーショットを放つ稲見萌寧(撮影・開出牧)
 3番、ティーショットを放つ大山志保(撮影・開出牧)
3枚

 「女子ゴルフ・日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯・第3日」(11日、静ヒルズCC=パー72)

 2位から出た西郷真央(19)=大東建託=が15番からの3連続を含む6バーディー、ボギーなしの66を出し、通算12アンダーで単独首位に浮上した。

 東京五輪銀メダリスト稲見萌寧、44歳のベテラン大山志保が1打差の通算11アンダーで2位に並んだ。2日目まで首位だった勝みなみは72とスコアを伸ばせず、通算8アンダー5位。渋野日向子は69で回り、通算3アンダー21位に上がってきた。

関連ニュース

    t>

    編集者のオススメ記事

    ゴルフ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ゴルフ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス